留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > カナダ  > カナダで仕事の探し方

カナダで仕事の探し方

これまでのカナダ留学の記事の中で、カナダでアルバイトをするために必要な条件等をお話しましたが、今回はカナダでの仕事の探し方についてお話します。

日本とカナダでの仕事の見つけ方は大きく違う為、カナダで受け入れられている方法をしっかり知っておきましょう。

履歴書(レジュメ)


求人に応募するにはまず、履歴書が必要です。

日本では、白紙の履歴書を用意し学歴や経歴等を書き込むようになりますが、カナダでは主にワード等を使い、全くの白紙から書き上げていきます。

このような履歴書のことを、カナダではRésumé(レジュメ)と呼びます。

学歴、資格、スキル、雇用歴など、内容的には、日本の履歴書と似ています。

しかし、大きく違うポイントは、顔写真、生年月日、性別はレジュメに記載しないということです。

これは、カナダの労働基準法で人権が守られており、偏見・差別に繋がる要素を取り除くためです。

レジュメの長さも大体1−2ページと簡潔に収めましょう。

カバーレター


レジュメの次に、Cover Letter(カバーレター)を用意しましょう。

カバーレターとは、レジュメと一緒に提出するもので、雇用者が一番初めに目を通す書類です。

カバーレターの目的は、沢山の応募者の中から、なぜ自分が選ばれるべきかを、志望動機、応募先で働きたいという熱意、自己PRを通して、雇用者側に訴えることです。その為、カバーレターは、違う求人に応募する度に変えていく必要があります。

求人情報


次に求人情報の探し方です。

大きく分けて主に3つの方法があります。

1)一つ目は、毎週発行される求人マガジンを読むことです。

このようなマガジンはコンビニやスーパー等の入口付近に置いてありますので、気にして見てみましょう。しかし、求人マガジンには雇用者が払う広告費があるため、載ってある求人数は多くはありません。

2)二つ目に、やはり一番多くの求人情報を見つけることができるインターネットです。カナダ政府のウェブサイトのJob Bankであったり、大手求人サイトのIndeedなどを使って、住んでいるエリアの求人を探しましょう。

インターネット上やマガジン上の求人には、比較的詳しく、学歴や職歴の必須条件が書いてありますので、それらをしっかり読んで応募しましょう。応募の仕方も求人情報内に記載されていることが多いので、そこを見逃さないように注意しましょう。

主に、インターネット上のフォームにて応募、メールでレジュメ、カバーレターを添付、又は直接雇用先に持って行き手渡す、という方法があります。

3)そして最後に、隠れている求人を自分から見つけ出す、という方法です。

例えば、サーバー(ホールスタッフ)のアルバイトを探している場合は、自分がよく行くレストランなどに出向いで、人手は足りているか聞いてみましょう。

自分がよく食事をするレストランであれば、メニュー等は多少把握しているため、雇用者はそこを気に入ってくれるかもしれません。

今回は仕事の見つけ方のコツをお教えしましたが、次回は、求人に応募した後のプロセスなどを見ていきましょう。

■ 関連リンク
カナダで仕事を応募する
カナダ留学
カナダ語学学校一覧
カナダ就学ビザ

ページの先頭へ