留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > イギリス留学のお役立ち情報

オックスフォード夏休みサマープログラム(12歳~17歳)[主催:オックスフォードスクールオブイングリッシュ]

オックスフォード夏休みサマープログラム(12歳~17歳)
オックスフォードスクールサマープログラム イギリスのオックスフォードにある【オックスフォードスクールオブイングリッシュ】提供の夏休みサマープログラムのご案内です。対象年齢は12歳~17歳となります。
続きを読む

カンタベリー2016夏休みサマープログラム(セントジャイルズ)

カンタベリーの全寮制中高で夏休みに英語学習(8歳~17歳)
セントジャイルズカンタベリーサマー イギリス・カンタベリーにある全寮制の中高一貫校キングススクールを利用して英語学習を進め、学生寮に滞在できる小中高生向けサマープログラムのご案内です。
(主催:セントジャイルズインターナショナル)
続きを読む

ケンブリッジで春休みにも参加可能な中高生向けプログラム(スタジオケンブリッジ)

ケンブリッジの語学学校で通年対応の中高生プログラム(14歳~17歳)
スタジオケンブリッジ春休みジュニア ケンブリッジにある語学学校で行われる通年対応の中高生向けプログラムのご案内です。夏以外の時期に参加可能なので、春休みやゴールデンウィークなどの休みを利用して参加できます。(ホームステイ滞在)
(主催:スタジオケンブリッジ)
続きを読む

ロンドンの治安のよいエリアで夏休み中高生サマープログラム(フランシスキング)

ロンドンの治安のよいエリアで夏休みに英語学習(13歳~17歳)
フランシスキング-ティーンプログラム ロンドンのケンジントン地区にある大学の小さなキャンパスを利用して英語学習を進め、学生寮に滞在できる小中高生向けサマープログラムのご案内です。
(主催:フランセスキングスクールオブイングリッシュ)
続きを読む

ケンブリッジ大学2016夏休みサマープログラム(セントジャイルズ)

ケンブリッジ大学のカレッジで夏休みに英語学習(14歳~17歳)
セントジャイルズケンブリッジサマー イギリス・ケンブリッジにあるケンブリッジ大学のシドニーサセックスカレッジのキャンパスを利用して英語学習を進め、大学の学生寮に滞在できるジュニアサマープログラムのご案内です。
(主催:セントジャイルズインターナショナル)
続きを読む

ウィンブルドンスクールオブイングリッシュ 2016夏休みサマープログラム

質の高い語学学校として人気を誇るイギリス・ロンドン郊外にあるウィンブルドンスクールオブイングリッシュ(Wimbledon School of English)は、今年から中高生向けのジュニアサマープログラムを実施します。

去年までは人気校でありながらサマープログラムを実施していませんでしたが、2016年からジュニアサマープログラムを開始し、順次申込を受け付けています。

ウィンブルドンスクールジュニア このプログラムは、ロンドンから1時間離れたハンプシャーにあるボーディングスクールLord Wandsworth Collegeの施設を利用して行われます。
>>Lord Wandsworth College


【対象年齢】
・12歳~16歳(※プログラム参加時点での年齢です)

【実施時期2016年】
・7月10日(日)~8月13日(土)
※IELTS対策の場合は、7月17日(日)から
※到着日:日曜日
※退去日:土曜日

【申込期間】
・2週間以上

【英語授業時間】
・週21時間(一般英語、またはIELTS対策)

【滞在形式】
・学生寮(相部屋)

【プログラムに含まれるもの】
・1日3食
・アクティビティと小旅行
・WiFi
・旅行医療保険(プログラム参加期間のみ)
・ヒースロー空港送迎(往復)10時~15時

【スケジュール例】
※あくまでサンプルのため、実際は変更となる場合もございます。
ウィンブルドンスクール・ジュニアサマー時間割
【プログラム費】
・一般英語:£1990(2週間)|£2985(3週間)|£3980(4週間)
・IELTS対策:£2020(2週間)|£3030(3週間)|£4040(4週間)

(お得情報)
2016年3月31日までにお申込みされると10%の割引がございます。

【その他に必要となる費用】
・滞在先損害補償金:£50(入寮時)
・指定時間以外での空港送迎費:ヒースロー空港£200(往復)
・飛行機チェックイン時の補助(12歳~15歳必須):£50

<<主催学校案内>>
ウィンブルドンスクールオブイングリッシュ

※当プログラムは2016年に実施されるプログラムのご案内となります。2017年以降につきましては2017年初旬に別途ご案内いたします。

イギリスで電子製品を使うには

イギリスで電気製品を使用することは増えていることかと思います。

パソコン・スマホ・タブレット・カメラ・ビデオ・ヘアドライヤー・髭剃り等々・・・・

もちろん、イギリスと日本とでは電気事情が異なるので、イギリスの電気事情に合わせて用意する必要があります。

イギリスの電圧


イギリスの電圧は、240vです。日本は100vなので、単純にイギリスでは2.4倍の電圧が流れています。

そのため電子製品も240v対応の電子製品を使用する必要があります。

パソコンのACアダプターや、スマホやタブレットの充電器にいろいろなマークが入って細かく英語表記で書いてある項目を注意深く見ると、

INPUT : 100~240v」と書いてあります。

この表記があれば、まずイギリスでは“変圧器なし”でその電子製品を利用できます。

ほとんどないとは思いますが、INPUT範囲に240vが入ってなければそのままでは使えませんので、変圧器が必要です。

昨今では多くのメディア系電気製品は240v対応していますので、イギリスでそのまま利用することができると思います。

ちなみにヘアドライヤーは、海外旅行向けのドライヤーが売られていますので、そちらを使用するようにしてください。

240vに対応していない電子製品をそのまま使うと、故障してしまいます。

イギリスのコンセントプラグ


イギリスのコンセント電圧対応が問題なければ、今度はコンセントの指し口をイギリスのものに合わせるプラグを用意する必要があります。

イギリスのコンセントは差し込み口が3つ。

プラグを用意するときは、BFタイプを選びます。

このBFプラグを電気製品の2つの差し込み口の先っぽにさして、そのままイギリスのコンセントに差し込みます。

これでOKです。

変圧器が必要な場合


昨今は、まず変圧器が必要になることはほとんど無いかと思います。

ただ240vに対応していない充電器や電子製品を利用する場合は変圧器が必要です。

変圧器は3000円程度で家電量販店で売られていますので、本当に必要かどうかご自身の電子製品をしっかりチェックしたうえで、ご準備されると良いかとも思います。

■ 関連リンク ■
イギリス留学
イギリス語学留学
イギリス語学学校一覧

ロンドンのホームステイ事情

イギリス留学で人気の都市と言えば、圧倒的にロンドンです。

ロンドンは世界中から人が集まり、ロンドンの街には、ヨーロッパ系・中東系・アジア系の人種を中心に様々な人が行き来しています。

そんなロンドンに留学する際に滞在先の候補の一つとなるのが、ホームステイです。

長期留学の場合は、最初の数か月ホームステイして、残りをフラットシェアにしたり、短期留学の場合は最初から最後までホームステイだったりということもあります。

ロンドンのホームステイについて簡単に紹介したいと思います。

ゾーン制


ロンドンのホームステイは、多くの所でゾーン制を敷いています。

このゾーンですが、ロンドンの交通網エリアをベースにしています。

ロンドンの交通網は中心部をZone1とし、中心部から郊外に向けて放射線状にゾーンが敷かれています。ゾーンの数字が大きくなればなるほど、中心部から遠くなります。

ホームステイの場合は、だいたいZone2~Zone5までのエリアに集中しています。Zone1のホームステイはまず無いと思っておかれた方が無難だと思います(たまにあったりもしますが本当に稀です)。

ゾーンごとの中心部までの大まかな所要時間です(地下鉄または鉄道利用)。

・Zone2: 30分~45分
・Zone3: 40分~55分
・Zone4: 45分~60分
・Zone5: 50分~70分

※あくまで目安です。学校の場所やステイ先の場所で通学時間は変わってきます。
※学校によってはZone6というオプションもあったりします。

そのため、学校から徒歩圏内ということはまず無いので、地下鉄かバスか鉄道かを利用して通学するようになることは前提にされておく必要があります。

ホームステイの料金もゾーン2が一番高く、ゾーン5が一番安くなります。

ロンドンゾーン

ホームステイタイプ


ロンドンのホームステイのタイプは、個室が基本となり、それに食事を付けていくようになります。

食事は、

1) 1日2食(朝夜)
2)1日朝食のみ
3) 食事なし

の3パターンから選べます。

多くのパターンはこれらのタイプになりますが、学校によっては、このほかに毎日朝食が付いて夕食だけ週4回にできるといったオプションもあったります。

また、他の国のホームステイに見られるような昼食も付く1日3食パターンはまず無いです。

ロンドン以外の他の都市だと週末だけ3食付というパターンも見られますが、ロンドンでは週末だけ3食付といったタイプもまずありません。

「朝食のみ」や「食事なし」のタイプとなるとキッチンや冷蔵庫を使えるかという質問も頂くことがありますが、ホームステイのホストの条件によります。ホスト側がキッチン利用を許可していれば、キッチンや冷蔵庫の利用も可能です。

バスルーム


ロンドンに限ったことではないですが、バスルームは基本的にホームステイホストと共同利用になります。Private BathroomやEn-suiteというタイプのホームステイであれば、専用で利用できるバスルーム(トイレ付)が付いています。

ホームステイのホスト


ロンドンではホームステイを副業としてとらえているホストがほとんどです。そのため、空いた部屋を生徒に貸すという意識が強いので、過剰な期待をされないほうが無難です。

絶対にお客様意識で接してはいけません。トラブルの本になります。

また、ロンドンは様々な人種の人々が暮らしているため、ホストがイギリス人とは限らないケースも多いです。ヨーロッパ大陸系出身のホストだったり、中東系出身のホストだったりということも良くあります。

ホストの家族構成も様々です。最近多いのは、退職されたシニア夫婦だったり、シングルマザーやシングルファザー家庭だったりということも良くあります。子供が大きくなって家を出たから、空いた部屋をホームステイとして貸したりといったケースも多いです。

まとめ


・ロンドンのホームステイはゾーン制(徒歩圏内はまずありません)
・食事は3パターンから選べる(朝昼晩3食はない)
・ホストのバックグラウンドは様々(人種も様々)

■ 関連リンク
イギリス留学
イギリス語学留学
ロンドン留学

イギリス留学を決めるにあたってイギリス留学の動機を参考にしてみる

イギリス留学を希望される方の動機は様々ですが、イギリス留学の動機にはイギリス独特の理由があったります。ただ単に英語を学ぶだけではない、イギリスを留学先として選ぶ動機や理由はどういったものがあるのでしょうか。もちろん動機は人それぞれなところがありますが、簡単にご紹介したいと思います。

イギリスのカルチャー

イギリスは様々な独特なカルチャーを発信し続けています。ビートルズをはじめとするイギリスのポップミュージックや、パンクロックといったイギリスの音楽。美容・芸術・ファッションなど、ロンドンを中心としたイギリスのアート。中世および大英帝国時代から培われてきている歴史的な建築様式など。イギリスには他の国には無い独特な文化の発祥国ということもあり留学先として選ばれる傾向にあります。

アフタヌーンティ

クィーンズイングリッシュ

英語と言えば、もともとはイングランド言葉であり、そもそもがイギリス由来の言語です。そのため、アメリカ英語とは違い、真の英語としての地位を確立していることもあって、イギリスの英語を学びたいということが動機でイギリスを選ばれる方も少なくありません。

ヨーロッパへのアクセス

イギリスはヨーロッパの国の一つで、欧州連合(EU)に加盟しています。今後EUから脱退するのかといった議論も出てきてはいますが、イギリスはヨーロッパ諸国との縁は切っても切れません。地理的にも、ヨーロッパ諸国へのアクセスも良く、航空便もヨーロッパ各都市へ沢山就航しています。ヨーロッパが好きな方は、英語が学べるヨーロッパの国としてイギリスで英語を学び、留学中や留学後にヨーロッパ各国へ旅する方も多いです。

イギリス街並み

イギリスの大学

将来的にイギリスの大学で勉強しようと考えている方は、イギリスを留学先として選ぶことが多いです。イギリスは、理論を重んじる高等教育を実践しており、理論的な研究を進めて行きたい方にはイギリスの大学を進学先とされる方も多いです。また大学院は、修士課程が1年で修了できるということもあり、イギリスの大学院へ進学を目指す方もおられます。このように将来イギリスの大学へ進みたいという方は留学先としてイギリスを選ばれています。

イギリスの大学









その他、ハリーポッターが好きという方やコッツウォルズ地方が好きといった方、ガーデニングが好きという方も留学先としてイギリスを選ばれています。

日本からは片道直行便で12時間程度かかる距離ではありますが、このような動機を持ってイギリスへ留学される方には、必ずイギリスに求めつ要望を満たしてくれる留学先だと思います。

■ 関連リンク
イギリス留学
イギリス語学留学

ページの先頭へ