留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > イギリス留学のお役立ち情報

オックスフォード夏休みサマープログラム(12歳~17歳)[主催:オックスフォードスクールオブイングリッシュ]

オックスフォード夏休みサマープログラム(12歳~17歳)
オックスフォードスクールサマープログラム イギリスのオックスフォードにある【オックスフォードスクールオブイングリッシュ】提供の夏休みサマープログラムのご案内です。対象年齢は12歳~17歳となります。
続きを読む

カンタベリー2016夏休みサマープログラム(セントジャイルズ)

カンタベリーの全寮制中高で夏休みに英語学習(8歳~17歳)
セントジャイルズカンタベリーサマー イギリス・カンタベリーにある全寮制の中高一貫校キングススクールを利用して英語学習を進め、学生寮に滞在できる小中高生向けサマープログラムのご案内です。
(主催:セントジャイルズインターナショナル)
続きを読む

ケンブリッジで春休みにも参加可能な中高生向けプログラム(スタジオケンブリッジ)

ケンブリッジの語学学校で通年対応の中高生プログラム(14歳~17歳)
スタジオケンブリッジ春休みジュニア ケンブリッジにある語学学校で行われる通年対応の中高生向けプログラムのご案内です。夏以外の時期に参加可能なので、春休みやゴールデンウィークなどの休みを利用して参加できます。(ホームステイ滞在)
(主催:スタジオケンブリッジ)
続きを読む

ロンドンの治安のよいエリアで夏休み中高生サマープログラム(フランシスキング)

ロンドンの治安のよいエリアで夏休みに英語学習(13歳~17歳)
フランシスキング-ティーンプログラム ロンドンのケンジントン地区にある大学の小さなキャンパスを利用して英語学習を進め、学生寮に滞在できる小中高生向けサマープログラムのご案内です。
(主催:フランセスキングスクールオブイングリッシュ)
続きを読む

ケンブリッジ大学2016夏休みサマープログラム(セントジャイルズ)

ケンブリッジ大学のカレッジで夏休みに英語学習(14歳~17歳)
セントジャイルズケンブリッジサマー イギリス・ケンブリッジにあるケンブリッジ大学のシドニーサセックスカレッジのキャンパスを利用して英語学習を進め、大学の学生寮に滞在できるジュニアサマープログラムのご案内です。
(主催:セントジャイルズインターナショナル)
続きを読む

ウィンブルドンスクールオブイングリッシュ 2016夏休みサマープログラム

質の高い語学学校として人気を誇るイギリス・ロンドン郊外にあるウィンブルドンスクールオブイングリッシュ(Wimbledon School of English)は、今年から中高生向けのジュニアサマープログラムを実施します。

去年までは人気校でありながらサマープログラムを実施していませんでしたが、2016年からジュニアサマープログラムを開始し、順次申込を受け付けています。

ウィンブルドンスクールジュニア このプログラムは、ロンドンから1時間離れたハンプシャーにあるボーディングスクールLord Wandsworth Collegeの施設を利用して行われます。
>>Lord Wandsworth College


【対象年齢】
・12歳~16歳(※プログラム参加時点での年齢です)

【実施時期2016年】
・7月10日(日)~8月13日(土)
※IELTS対策の場合は、7月17日(日)から
※到着日:日曜日
※退去日:土曜日

【申込期間】
・2週間以上

【英語授業時間】
・週21時間(一般英語、またはIELTS対策)

【滞在形式】
・学生寮(相部屋)

【プログラムに含まれるもの】
・1日3食
・アクティビティと小旅行
・WiFi
・旅行医療保険(プログラム参加期間のみ)
・ヒースロー空港送迎(往復)10時~15時

【スケジュール例】
※あくまでサンプルのため、実際は変更となる場合もございます。
ウィンブルドンスクール・ジュニアサマー時間割
【プログラム費】
・一般英語:£1990(2週間)|£2985(3週間)|£3980(4週間)
・IELTS対策:£2020(2週間)|£3030(3週間)|£4040(4週間)

(お得情報)
2016年3月31日までにお申込みされると10%の割引がございます。

【その他に必要となる費用】
・滞在先損害補償金:£50(入寮時)
・指定時間以外での空港送迎費:ヒースロー空港£200(往復)
・飛行機チェックイン時の補助(12歳~15歳必須):£50

<<主催学校案内>>
ウィンブルドンスクールオブイングリッシュ

※当プログラムは2016年に実施されるプログラムのご案内となります。2017年以降につきましては2017年初旬に別途ご案内いたします。

イギリスで電子製品を使うには

イギリスで電気製品を使用することは増えていることかと思います。

パソコン・スマホ・タブレット・カメラ・ビデオ・ヘアドライヤー・髭剃り等々・・・・

もちろん、イギリスと日本とでは電気事情が異なるので、イギリスの電気事情に合わせて用意する必要があります。

イギリスの電圧


イギリスの電圧は、240vです。日本は100vなので、単純にイギリスでは2.4倍の電圧が流れています。

そのため電子製品も240v対応の電子製品を使用する必要があります。

パソコンのACアダプターや、スマホやタブレットの充電器にいろいろなマークが入って細かく英語表記で書いてある項目を注意深く見ると、

INPUT : 100~240v」と書いてあります。

この表記があれば、まずイギリスでは“変圧器なし”でその電子製品を利用できます。

ほとんどないとは思いますが、INPUT範囲に240vが入ってなければそのままでは使えませんので、変圧器が必要です。

昨今では多くのメディア系電気製品は240v対応していますので、イギリスでそのまま利用することができると思います。

ちなみにヘアドライヤーは、海外旅行向けのドライヤーが売られていますので、そちらを使用するようにしてください。

240vに対応していない電子製品をそのまま使うと、故障してしまいます。

イギリスのコンセントプラグ


イギリスのコンセント電圧対応が問題なければ、今度はコンセントの指し口をイギリスのものに合わせるプラグを用意する必要があります。

イギリスのコンセントは差し込み口が3つ。

プラグを用意するときは、BFタイプを選びます。

このBFプラグを電気製品の2つの差し込み口の先っぽにさして、そのままイギリスのコンセントに差し込みます。

これでOKです。

変圧器が必要な場合


昨今は、まず変圧器が必要になることはほとんど無いかと思います。

ただ240vに対応していない充電器や電子製品を利用する場合は変圧器が必要です。

変圧器は3000円程度で家電量販店で売られていますので、本当に必要かどうかご自身の電子製品をしっかりチェックしたうえで、ご準備されると良いかとも思います。

■ 関連リンク ■
イギリス留学
イギリス語学留学
イギリス語学学校一覧

イギリスの冷暖房事情

イギリスに留学されると、ホームステイや学生寮、更にはシェアフラットなどイギリスの住まいに滞在していくことになります。

いろいろと日本と異なる箇所はあるのですが、日本と異なるそのうちの一つが冷暖房です。

日本では、夏はクーラー、冬はヒーターや床暖房、灯油やガスヒーターなどありますが、イギリスでは少し異なります。

イギリスの冷房


イギリスの夏は日本より過ごしやすい夏なので、クーラーというものがあまり備わっていません。

クーラーがなくても不快になることなく過ごせますので、特にクーラー必須ということはありません。

そのため多くのフラットや家庭では、冷房設備は備わっていません。

日本でも北海道ではクーラーが無いという場合も多いそうなので、同じような感覚と思っても良いかもしれません。

といっても、イギリスもここ数年は異常気象で熱波が来たりもしていますので、不快な日も出てくることもありますが、日本ほど蒸し暑く外にいると暑さで参ってしまうということはあまりありません。

商業ビルやオフィスビルなどはクーラーが備わっている場合もありますが、まず冷房施設が備わっていないという前提で夏は過ごされた方がよいかと思います。

イギリスの暖房


イギリスの冬は、日本のようなドカ雪ということはあまりないですが、さすがに暖房施設がなければ寒いです。

イギリスでは、その暖房施設としてセントラルヒーティングという設備が使われています。

セントラルヒーティングは、各部屋に設置されていて、壁に貼りつくように平たい板のような白い装置です。

セントラルヒーティング

この装置が各部屋でパイプで結ばれていて、そこを熱気が家の中を循環して送り込まれています。

この装置の側面下部にある蛇口のような栓をひねることで熱気の送り込みを調整できるようになっています。

そうすることで、部屋全体が暖かくなる仕組みです。

イギリスの家庭では多くの場合このセントラルヒーティングが備わっていますので、このセントラルヒーティングが備わっていれば、寒さに耐えられないということはありません。

まとめ


まれに、イギリスに行かれている方の滞在先にクーラーが無いということでご相談いただく場合もありますが、イギリスにはクーラーが備わっていない場合がほとんどです。イギリスではそういうものと考えて、対応していく必要があります。逆に冬は、暖房に関してまず心配されることはないかと思います。

■ 関連リンク ■
イギリス留学
イギリス語学留学
イギリス語学学校一覧

ロンドンの交通体系について

ロンドンではロンドン交通局 (Transport For London)が以下の通り地下鉄・バス・電車の路線を管理しています。

■ 地下鉄:Tubeと呼ばれています。全部で11の路線があります。
■ バス:ロンドン市内を縦横無尽に走っています。赤い2階建てバス(ダブルデッカー)が象徴的ですが、2階建てではないバスも良く走っています。
■ 電車(Overground):地下ではなく地上を走る郊外電車です(地下を走って中心部を貫通する区間もあります)。
■ 電車(National Rail):多くはビクトリア駅やパディントン駅などのターミナルとなる大きな駅から発着している地方都市へ向かう電車となります。

>>Transport For London(ロンドン交通局)のウェブサイト

ロンドンチューブ

(余談)
※現在Cross Railと呼ばれる新しい路線を建設中で、2018年~2019年にかけて開業予定です。この路線で、ロンドン西部郊外と東部郊外が1つの直通路線で結ばれます。ロンドン中心部は地下を抜けて行きます。この路線により、例えばヒースロー空港から直接ロンドン中心部の主要エリアへアクセスができるようになり、更に東部郊外へも直接アクセス可能となります。

ロンドン交通局では、これらの交通路線を全て含めて、ロンドンのエリアを大きく9つのゾーンに分けて、ゾーンに応じて料金体系などを決めています。

ロンドンのゾーン体系


ロンドンでの交通体系は、Zone1~Zone9まで区分けされていて、中心部であるZone1から放射線状に郊外に向けて延びています。
ロンドンゾーン

大まかな時間的な感覚になりますが、Zone1から地下鉄でどのくらいかかるかの目安です。

●Zone2まで:約30分
●Zone3まで:約40分
●Zone4まで:約50分
●Zone5まで:約60分
●Zone6まで:約70分

Zone3以降のエリアだと、地下鉄よりはOvergroundやNational Railなどの電車を利用したほうが早いケースも多々あります。

バス利用


ロンドンバス
地下鉄も電車路線も充実しているロンドンですが、意外にバスも使えます。多くの場合滞在している場所から歩いて10分~15分もすればバス停があります。

その近くのバス停から、ロンドン中心部へ直通のバスが走っていますので、そのバスにヒョイと乗って、そのまま座っていれば中心部まで出ていくことができます。

その為あまり急いでいなければ、意外にバスも便利です。

また最寄りの地下鉄の駅までバスを利用して、地下鉄や電車に乗り換えるという方法でももちろん可能です。

ただし、ロンドンの中心部(例えばオックスフォードストリート)までバスでそのまま出ていくと渋滞にはまることもあります。そうなった場合は、途中で降りて歩いた方が早いこともあります。

料金体系


ロンドンの交通料金は、これらのゾーンでどのゾーンを主に利用するかによっていくらになるかが決まります。

例えば、Zone1内のみで有効な料金設定や、Zone1~Zone3で有効な料金設定など、どのゾーンを主に利用するかでいくらになるか確認する必要があります。

その購入したゾーン内であれば、乗り降り自由ですし、地下鉄でもバスでも利用できます(ただしタクシーとヒースローエクスプレスは適応されません)。

■ 関連リンク
イギリス留学
イギリス語学留学
ロンドン留学

ページの先頭へ