留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > ニュージーランド  > ニュージーランドの教育制度(幼児教育~高校)

ニュージーランドの教育制度(幼児教育~高校)

ニュージーランドには、日本と同じように「幼児教育」から「大学・大学院」までの教育制度が整っています。

日本と違うのは、何歳から幼児教育が始まり、小学校・中学校・高校に相当する教育課程が何歳から始まり何歳で終わるのかということが異なってきます。

語学留学する場合は通常16歳から受講できる学校が多いですが、英語を学んだうえで、ニュージーランドの高校に進むのか、大学に進むのか、個人個人の最終的な目標により英語学習の進め方も変わってきますので、ニュージーランドの教育制度を理解していくことは役に立つと思います。

ニュージーランド教育制度

ニュージーランドの幼児教育


日本でいう幼稚園・保育園に相当しますが、小学校に入学するまでの課程を指しています。ニュージーランドでは5歳までの教育課程を「幼児教育」としています。

ニュージーランドの小学校


ニュージーランドの小学校は、Primary School(プライマリースクール)と呼ばれています。
ニュージーランドの学校教育は5歳から始まり、学年のことをYearと呼んでいます。このYearは、プライマリースクールが終わっても、Year13まで続いていきます。そのため、小学1年生が Year1 ということになります。

ニュージーランドの小学校は、Year8(12歳~13歳)まで一貫教育を行っていて、Year6が終わると、インターメディエイトスクールという2年制の学校へ進むこともできます。

ニュージーランドの中学・高校


小学校(プライマリースクール)が終われば、次は中学に相当する教育課程に進みます。

日本のように中学と高校とで分かれていることはなく、中学と高校をひとまとめでセカンダリースクールとして扱われます。Year9~Year13までがセカンダリースクールとなります。日本でいう中高一貫といった感覚です。

ニュージーランドの中高では、以下の8つの学習領域を設けていて、Year9とYear10で基礎となる必修科目を学習していきます。

<学習領域>
● 英語(日本でいう国語)
● アート(美術)
● 保健体育
● 外国語
● 数学+統計
● 理科
● 社会
● 技術

Year11になれば、必修科目以外に、得意な科目や将来の目標に合わせた科目も履修していくことになります。

そしてYear11~Year13の期間になると、それぞれの学年の修了が認められるNCEA (National Certificate of Educational Achievement)という試験をそれぞれのYear毎に受験していくことになります。

■ 関連リンク
専門学校の教育制度
ニュージーランド留学

ページの先頭へ