ブリットレイルパス

イギリスの旅行にも、留学にも移動にあったらいいブリットレイルパス。

ブリットレイルパスは、あらかじめ決められた期間内で決められた回数において、イギリス国内の鉄道に乗り放題になるパスです。日本もJapan Rail Passというのが、JRから外国人向けに発行されていますが、それのイギリスバージョンです。

ブリットレイルパスの種類

ブリットレイルパスといっても乗車できるエリアに応じて種類がいくつか用意されています。どこを巡りたいかでまずはどのブリットレイルパスを購入するか決めていく必要があります。

ブリットレイルGBパス
イングランド・スコットランド・ウェールズのどこでも使えるパスです。ブリットレイルパスの中でも最強の範囲をカバーしています。

ブリットレイル・イングランドパス
イングランド内のみ乗り放題のパスです。

ブリットレイル・スコティッシュフリーダムパス
スコットランド内のみ乗り放題となります。

ブリットレイル・セントラルスコティッシュパス
スコットランドのエジンバラやグラスゴーなど大都市周辺のみとなります。

ブリットレイル・サウスウエストパス
イングランドの南西部地方を対象としたパスです。ウィンザー・ポーツマス・エクセター・ブリストル・バース・オックスフォード・コーンウォールなどの南西部地方とウェールズの一部を対象としています。

ブリットレイル・ロンドンプラスパス
ロンドンの周辺部エリア(オックスフォード・ケンブリッジ含む)と、イングランド南東部(カンタベリー・ブライトン・ドーバーなど)をカバーしています。

今回購入したのは、「ブリットレイル・ロンドンプラスパス」を購入しました。

購入方法

まずは、英国政府観光庁オンラインショップにアクセスします。

リンク英国政府観光庁オンラインショップウェブサイト

そこで、交通機関>ブリットレイル・パス を選びます。

リンクブリットレイルパスのページ

ブリットレイル・パスのページに移ると、上記でご紹介した各パスが選べるようになっていますので、ご希望のパスを選び「購入する」を選びます。

日本出国日・パス有効期間・座席タイプ・枚数を入力してきます。

※パスの種類により、「コンセキュティブ」「フレキシー」を選べるようになっています。

「コンセキュティブ」は、連続使用を想定しています。

例えば、旅行などに向いていて、初日はロンドン、2日目にオックスフォード、3日目にマンチェスター、4日目にエジンバラへなど、ほぼ毎日移動される場合はコンセキュティブが良いでしょう。

「フレキシー」は、毎日は移動しないけど、期間中何回か移動を想定している場合に選びます。

最後に住所をアルファベット表記で入力します。

実際のチケットは、郵送でイギリスから送られてきますので、「国際速達便」で送ってもらうか、通常の「国際郵便書留」で送ってもらうかを選びます。

特に急いでない場合は、国際書留便で十分だと思います。

今回は国際書留便を選んで購入しました。

実際に今回申し込みをして、実際13日で手元に届きました!

ブリットレイルパス封筒

ブリットレイルパスの実物

早速中身を空けてみますと、長細い紙切れがペラッ。。。。

ブリットレイルパスのチケット

これだけです。。。

一応明細も付いています。

有効期限(Valid from ~ until)が記載されていますので、必ずこの有効期限内に使い始める必要があります。

まず最初にイギリスのどこか駅のチケット窓口に行き、このパスを有効化してもらう必要があります。

この有効化作業をしないと、このパスは使えませんので、イギリスに着いて利用する初日に有効化してもらうことを忘れないようにしてください。

(注意事項)

※このブリットレイルパスを購入するのは、日本国内であらかじめ購入しておく必要があります。イギリスに着いてから購入することはできません。
※そのため、出発まで余裕をもった時期に購入手続きをしておくと安心です。

イギリス留学バナー

理由留学バナー

イギリス留学情報

イギリス基本情報リンク

お役立ち情報リンク

問い合わせバナー