イギリスでのチップについて

イギリスでチップは必要?

海外へ留学する際、また海外で旅行や生活をする際、誰もが日本にはない習慣「チップ」について気になることでしょう。いくら渡すとよいのか、渡すタイミングはいつなのか、など、悩みは尽きないことでしょう。その一方、イギリスではチップは渡さなくてもよい、と耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?そこで、留学中やワーホリ中に気になるイギリスのチップについてご案内できたらと思います。

イギリスのチップ事情

まずイギリスのチップ事情について紹介していきましょう。

チップとは?

チップとはいわゆる「心づけ」であり、規定の料金の他、サービスを受けた際にそれに感謝する意味を込めて支払われるものです。例えばホテルでの宿泊、タクシー利用、レストランでの飲食などの際に受けたサービスに対して支払われます。

イギリスでチップは必要?不要?

イギリスではチップは必要ないと聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?確かにホテル宿泊の際のベットメイキングに対するチップ、いわゆる枕元にお金を置いておく習慣はありません。しかし日本に比べてチップが必要となる状況は多くあります。

チップが必要な状況、不要な状況については次の項目で詳しく説明していきます。

チップを渡した方がよい場合

まずチップを渡した方が良い場合を紹介していきましょう。

ホテル

ホテルに到着してポーターにスーツケースを部屋まで運んでもらった際、またホテルをチェックアウトする際にスーツケースをロビーまで運んでもらった際にはチップを渡す必要があります。目安はスーツケース1つあたり50ペンスから1ポンド(日本円で約75円から150円程度)となります。

またルームサービスを頼んだ際も50ペンスから1ポンド(日本円で約75円から150円程度)のチップを支払いましょう。

レストラン

イギリスのレストランではテーブルで勘定の支払いすることが多くあります。その際、ウェイターまたはウェイトレスがまず伝票を持ってきてくれるので、内訳に「サービス料」が含まれているか、含まれていないかを確認しましょう。

もし「サービス料」が含まれていると記載されている場合は、改めてチップを渡す必要はありません。もし「サービス料」の記載がなければ支払い合計金額の10パーセントから15パーセントを上乗せして支払いましょう。

なお、カジュアルなレストランではレシートに「Service charge is discretionary!(サービス料の支払いは任意で!)」と書かれている場合もあります。その際はもし気持ちのよいサービスを受けたのであれば、合計金額の10パーセントから15パーセントを上乗せして支払った方がよいでしょう。もしサービスに満足がいかなかった場合はもちろんチップの支払いは必要ありません。

タクシー

イギリス国民、観光客の足として大活躍のタクシー。特にロンドン市内では、多くのブラックタクシーが走っており、夜遅い時間でも簡単にタクシーを見つけることができます。

タクシーを利用した際は、レストラン同様料金の10パーセントから15パーセントをチップとして渡すとよいでしょう。

トイレ

最近ではその数が減ってきているものの、高級ホテルやレストランなどではトイレの前に清掃員が座っているのを見かけることがあります。その場合はトイレを利用する前にチップを10ペンスから20ペンス程度(日本円で約15円から30円程度)を渡しましょう。

美容院・スパ

美容院やスパでヘアカットなどのヘアトリートメント、またはマッサージやネイルトリートメントを受けた際、通常サービス料は料金に含まれていません。しかし担当してくれた人にチップを渡すのが慣例となっています。

渡す金額は料金の10パーセント程度が目安ですが、サービスの満足度によって5パーセントから20パーセントの間で決めると良いでしょう。

なおサービスに満足がいかなかった場合は、チップの支払いは必須ではありません。

チップを渡さなくてもよい場合

次にチップを渡さなくてもよい場合を紹介していきます。

ホテルのベッドメイキング

多くの人が「チップ」と聞いてまず思い浮かべるのが、ホテルのベッドメイキングに対して支払うチップではないでしょうか?しかしイギリスではベッドメイキングに対してチップを支払う習慣はありません。

ただし、とても部屋を汚してしまい、部屋の掃除に時間と労力がかかりそうな場合は、1ポンドから2ポンド程度(150円から300円程度)を枕元に置いておくとよいでしょう。

カフェ

最近では、イギリスにもスターバックスを始め、多くのカフェチェーンが街中のいたるところにあります。このようなカフェの多くはカウンターで注文または先に支払いをすませる形式となっており、ここでのチップの支払いの必要はありません。

パブ

イギリス人の社交場とも言えるパブ。パブは、ロンドンなどの大都市部では石を投げれば当たるほど、またどんな田舎町でもカフェはなくともパブはあると言っても過言ではないほどイギリス人の生活には欠かせない存在です。

そんなパブでは通常カウンターでドリンクやフードを注文し、その都度支払う形式となっていて、チップの支払いは必要ありません。

チップの渡し方

日本ではチップの支払いの習慣がないため、どのようにチップを支払ったらよいか迷う人も多いでしょう。ここではチップの支払い方法について紹介していきます。

クレジットカード・デビッドカードで支払う

イギリスは日本に比べてキャッシュレスが進んでおり、クレジットカードまたはデビッドカードでの支払いが一般的となっているため、チップの支払いもこれらのカードで支払いが可能です。

例えばレストランなどでチップを渡す際は、支払い金額が50ポンドとなっている場合、「I will pay £55(55ポンド支払います)」などと伝えて、合計支払い金額にサービス料を加えたい旨を伝えましょう。

現金で支払う

キャッシュレスが進んでいるとは言え、現金でのチップの支払いも可能で、また現金での支払いの方が良い場合もあります。

例えば、ホテルでのチップの支払い、トイレでのチップの支払いは「Thank you(ありがとう)」という言葉とともに現金で支払う方がよいでしょう。

また美容院やスパなどでは、レセプションなどで料金を支払う前に、トリートメントを施してくれた担当者に別途直接現金で渡すか、もしくはレセプションで「Please give it to xxx(xxxさんにこれを渡しておいてください)」と言ってチップを託すのもよいでしょう。

なお、タクシーでのチップの支払い方法は、タクシー料金より少し多めの金額をドライバーに渡し、「Keep the change!(お釣りは取っておいて!)という渡し方が一般的です。

イギリスのチップについてまとめ

イギリスのチップ事情について紹介いたしました。イギリスはアメリカなどに比べて、ベッドメイキングなどに対するチップを渡す習慣がないものの、日本に比べるとチップを渡す機会が多くあります。

チップはあくまでも受けたサービスによる対価であり、支払いの義務はありませんが、チップを支払うことによってより快適なサービスを受ける機会も少なくはありません。

イギリスのチップ文化を正しく理解して、快適なイギリス生活・滞在を満喫しましょう。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

イギリス留学するなら留学スクエア

イギリス基本情報リンク

お役立ち情報リンク