日本からオックスフォードへの行き方

ロンドンからオックスフォードへの行き方

日本からオックスフォードへは空路と陸路で行くことになります。オックスフォードには空港がありませんので、最寄りの空港はロンドンの空港を利用すると便利です。まずは、日本からロンドンまで空路で移動し、ロンドンからは陸路でオックスフォードまで移動するのが一般的です。

その為、まずはヒースロー空港から直接オックスフォードへ移動するパターン、そして一旦ロンドン市内に出てロンドンからオックスフォードへ移動するパターンで大きく2つに分けてご紹介します。

このページをチェックしていくことで、ロンドンとオックスフォードを結ぶ交通体系が大まかにわかるようになり、いくつかの選択肢で検討できるようになります。

ヒースロー空港からオックスフォードへの行き方

長距離バス

日本からロンドンへ飛行機で到着する場合、ほとんどの場合でヒースロー空港に到着することになると思います。ヒースロー空港は、ターミナルが5つある巨大空港です。ターミナル1~3は昔からあるターミナルで隣接していますが、ターミナル4とターミナル5は後々新設されたターミナルなので、離れた場所にあります。

このヒースロー空港にはセントラルバスステーション(Central Bus Station)があって、昔の名残からターミナル1~3の中間あたりに位置しています。このバスステーションからイギリス各地を結ぶ長距離バスが出ています。ヒースロー空港から直接オックスフォードに向かう場合は、この長距離バスを利用するのが便利です。

ターミナル5にも長距離バスは寄りますので、ターミナル5からも利用できますが、ターミナル4には止まらないバスもあるので、その場合はターミナル4からセントラルバスステーションへ移動する必要があります。

National Express

イギリスの長距離バスを運営する代表格ともいえるNational Expressがヒースロー空港のセントラルバスステーションからオックスフォードのバスステーションまで運行しています。

運行頻度は、1時間に2本~3本運行されています。朝の6時台から便数が増えますが、夜中も1時間に1便運航する時間帯があったりもしますので、ほぼほぼ24時間運航されていると言っても良いと思います。

ヒースロー空港~オックスフォードまでの所要時間は90分料金は24ポンド(約3,500円)となっています(2019年現在)。

ナショナルエクスプレスのバス

The Airline: Oxford Bus Company

オックスフォードのバス会社、Oxford Bus Companyが運行している空港リムジンのようなバスです。セントラルバスステーションとターミナル5~オックスフォードまでを運行しています。National Expressよりも若干安く設定されています。オックスフォード市内でいくつか下車ポイントがあるのが特徴です。

運行頻度は、1時間に2本~3本運行。こちらも朝の6時台から便数が増え、夜中も1時間に1便運航する時間帯もあります。

ヒースロー空港~オックスフォードまでの所要時間は90分料金は片道23ポンド(約3,300円)となっています(2019年現在)。

Oxford Bus Company Airline Volvo Plaxton Panther FF61OXF 6 at Oxford Gloucester Green on the LHR to Heathrow, 14/08/2016.

送迎タクシー

留学する場合は、学校が滞在先まで送迎タクシーを手配してくれます。値段は、130ポンド~150ポンド(約19,000円~約22,000円)と割高ですが、荷物を持ち運ぶ必要がなく、到着ロビーで出迎えてくれるというメリットがありますので、検討してみるのも良いかもしれません。

留学以外であっても、ヒースロー空港から滞在先までの送迎サービスを提供している業者が多々ありますし、宿泊先ホテルで送迎サービスを提供してくれていたりもするので、確認してみるのも良いでしょう。

送迎タクシーの場合、ヒースローの空港到着ロビーに出ますと、アルファベットでお名前を書いてあるプレートを持った担当者が到着ロビーで出迎えています。お名前を見つけたら、そのプレートを持っている担当者に声を掛けて、学校からの委託でお迎えに来ていることを確認して、その担当者の指示に従ってください。

お名前が見つけられない場合には、道路状況のため遅れているか、お出迎えターミナルを間違えている場合もありますので、見つからないからと言ってその場を動かないようにしてください。見つからない場合は、空港のインフォメーションデスクに行き、状況を説明して呼び出しをかけてもらい、それでも担当者が見つけられない場合には、事前にもらっている緊急連絡先の番号に電話をすることになります。

ロンドン市内からオックスフォードへの行き方

ヒースロー空港からロンドン市内に出ることで、オックスフォードへの移動手段の選択肢も増えてきます。長距離バスに加え、鉄道を利用することも可能になります。

電車

ロンドンからは沢山の鉄道路線がイギリス各地とを結んでいますので、オックスフォードへ鉄道を利用して行くこともできます。ロンドンからオックスフォードへのメインターミナルはパディントン駅ですが、メリルボーン駅からもオックスフォードへ行く電車が出ています。

パディントン駅を利用

パディントン駅は、イギリスの西部や中西部を結ぶ電車が頻繁に発着しています。ヒースロー空港からだと、ヒースローエクスプレスやヒースローコネクトなどもこのパディントンが終着駅なので、ヒースローからのアクセスも良いです。

Great Western Railway

イギリスの西部・中西部の鉄道路線のメインオペレーターであるGreat Western Railwayを利用してダイレクトでオックスフォードへ行くことができます。1時間に2本、30分間隔の頻度で電車が出ていますので便利です。所要時間は約1時間。料金は乗車日時やチケット購入タイミングにもよりますが、安いチケットで£5.40(約800円)または£7(約1,000円)が多いです。高いチケットで£17(約2,500円)に上がる場合もあります。

パディントン駅で、Oxford行や、Oxfordに停車するHereford、Worcester Shrub Hill、Moreton-in-Marsh行きの電車が何番線から出発するか掲示板をチェックし、出発番線が表示されたらそのプラットフォームに行って電車に乗り込みます。

Great Western Railway

メリルボーン駅を利用

メリルボーン駅は、パディントンほど多くの電車が出てはいませんが、それでもオックスフォードには1時間に2本電車が運行されています。ヒースロー空港からはアクセスがあまりよろしくはないので、ロンドン市内から出発する場合の選択肢の一つとして考えておくと良いかと思います。

Chiltern Railways

ロンドンとバーミンガムを結ぶ路線をメインに運行している鉄道会社ですが、オックスフォード行きの電車も30分間隔で運行しています。Chilternの特徴はオックスフォード駅手前のOxford Parkwayにも停車するという点です。例えば、ホームステイ先や滞在先がオックスフォードの北部郊外にあるという場合、このOxford Parkwayが最寄り駅で便利だったりもします。

Chiltern Railwaysでは、1時間に2本、30分間隔の頻度で電車が出ています。所要時間は約1時間。料金は乗車日時やチケット購入タイミングにもよりますが、安いチケットで£5.40(約800円)、あとは£6.40(約930円)~£15(約2,200円)まで料金幅があります。

Chiltern Railways
photo credit: Woodvale 168106 at Princes Risborough, 7.4.2019 via photopin

鉄道チケットの購入方法

イギリス全土の鉄道スケジュールをチェックし、希望に合った鉄道チケットを購入する場合、Trainlineというサイトが便利です。ロンドンからオックスフォードへ向かう日時が既に決まっている場合、早めに買えばお安くチケットが入手できる場合もあるので、このサイトからチケットを購入しておくと良いでしょう。

あとは、当日駅に行って、駅のチケット販売機から予約番号などを照会することでチケットが発行される仕組みになっています。

長距離バス

ヒースロー空港と同じように、ロンドン市内からもオックスフォードへ長距離バスが運行されています。ロンドンにもヒースロー空港と同様にバスターミナルがあって、ビクトリア駅近くのビクトリアコーチステーションが、ロンドンの長距離バスの主な発着場所になっています。

National Express

ヒースロー空港だけでなく、ロンドン市内からもNational Expressは、オックスフォードへの便を出しています。1時間に2本、30分間隔で運行しています。所要時間は約2時間。料金は乗車日時やチケット購入タイミングにもよりますが、安いチケットで片道5ポンド(約700円)または片道9ポンド(約1,300円)が多いです。

X90

X90は、The Airlineを運行しているOxford Bus Companyが提供しているバスです。ロンドンの発着場所はビクトリアなのですが、コーチステーションではなく、少し外れたBuckingham Palace Roadの7番ストップとなっています。また、ロンドン市内は、Marylebone/Baker Street、Marble Archからも乗車することができます。

そしてThe Airlinesバスと同じように、オックスフォードの町の中でもいくつか下車ポイントがありますので、目的地近くで降りれるなど便利です。

朝7時ころから夜中の1時頃まで(時刻表は平日と週末で変更されます)、1時間に2本、30分間隔で運行しています。所要時間は約2時間。料金は片道8ポンド(約1,200円)となっています(2019年現在)。

x90
photo credit: interbeat X90 Oxford London launch at Oxford Castle via photopin

Oxfordtube

X90とほぼ同様のバスサービスで、Stagecoachというバス会社が運営しています。このバスの特徴は、24時間運行という点です。他のバスは、夜1時までで、深夜は2時間に1本だったり、朝の5時まで運行しないといったこともありますが、Oxfordtubeは、24時間しっかり運行しています。また昼間は15分~20分間隔で運行しているので、運行頻度が高いです。

X90と同じく、Buckingham Palace Roadの10番ストップから出発し、Nottinghill Gate、Shepherd's Bush、Marble Archでも乗車できます。オックスフォードでも同じように、いくつか下車ポイントがあります。

昼間は1時間に3便~4便、夜間は20分~30分間隔になって2便~3便、深夜は1時間に1便です。所要時間は約2時間。料金は片道9ポンド(約1,300円)となっています(2019年現在)。

oxfordtube
photo credit: KK70088 Stagecoach YJ14 LFS via photopin

ロンドンからオックスフォードへ行くにはどれがベスト?

以上、ロンドンからオックスフォードへ行く行き方をいくつかご紹介しましたが、どの手段がベストでしょうか?ご予算やロンドンでも出発場所によってベストなオプションは異なりますので、これだ!と一概には言えませんが、いくつかシチュエーション別にどれがベストかご提案してみたいと思います。

ヒースロー空港から直でオックスフォードに向かう場合

この場合であれば、バスかタクシーかの2択で良いのではないでしょうか。わざわざロンドン市内に一旦でて、バスか電車に乗り換えるのは時間もかかりますし、何しろ荷物が重いです。

ご予算重視であれば、バス。費用がかかっても、直接滞在先まで行けるし荷物の上げ下げもやりたくないという事であれば、事前にタクシーを手配しておくと良いでしょう。

ですが、荷物が重たくても良い、どうしても安く抑えたいという希望であれば、ヒースロー空港から地下鉄を利用しパディントン駅まで行き電車を利用するか、地下鉄を乗り換えてビクトリア駅まで行きバスを利用するという事ももちろん可能です。

ロンドン市内から向かう場合

予算重視であれば、安い料金の電車を狙って電車で行く方が早くオックスフォードにも到着できるので良いと思います。ただし、オックスフォードの駅は町中から外れていますので、そこからの移動を考えておく必要があります。オックスフォードの街中にダイレクトで到着したいという事であれば、X90かOxford Tubeが良いのではないでしょうか。

但し、ブリットレイルパスをお持ちの場合は、電車一択で良いと思います。ちなみに、ブリットレイルパスの購入方法はこちらでご紹介しています。

イギリス留学するなら留学スクエア

イギリス基本情報リンク

お役立ち情報リンク