留学にTOEICスコアはどの程度必要か

海外留学する際のTOEICのスコアは?

日本で人気の英語検定試験であるTOEIC。企業や大学など様々な機関で、TOEICを英語力を測るテストとして採用しています。とある大学ではTOEICのスコアによって授業料がいくらか免除になるといった事例も耳にします。

では、留学するにあたり、TOEICのスコアはどの程度求められるのでしょうか。

結論から言うと、留学のタイプにもよりますが、英語学習目的の語学留学するのであれば、TOEICのスコアは必要ありません。ただ、専門的な英語を学んだり、大学やカレッジなどへ進学する上では英語試験のスコアは必要にはなりますが、大学ではTOEICのスコアでは認めてくれないケースもあります。

TOEICテストとは

まず、簡単にTOEICテストの概要をご紹介しておきます。

TOEICテストの概要紹介

TOEICとは、Test of English for International Communicationの頭文字をとっています。日本語では国際コミュニケーション英語能力テストという正式名称で、通称トーイックと呼ばれています。アメリカのETS (Educational Testing Service)と呼ばれる団体が実施している英語能力テストの一つです。他にはTOEFLといった英語テストも実施しています。

一般的な印象で言うと、TOEICはビジネス英語力を測るテスト、TOEFLはアカデミックな英語力を測るテストとして位置づけられているかと思います。

通常TOEICというと、リーディングスキルとリスニングスキルを測るテストになっています。よくTOEICのスコアが800点だったとか、700点だたとか耳にすることもあるかと思いますが、通常のスコアはリーディングスキルとリスニングスキルとを合算したスコアとなっています。

それぞれのスキルの満点スコアは495点で、TOEICのトータルのスコアとしては990点が満点となっています。

ただ、近年英語の総合的なスキルを測る重要性も謳われていて、リーディングとリスニングだけでは、本当の英語力が測れないのではという声もあり、TOEICでもスピーキングとライティングのスキルを測れるテストも別枠で実施されるようになっています。「TOEIC SW」とも呼ばれています。

日本では国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が実施団体として、日本の80都市で年に10回、TOEICテストを実施しています。

ご参考日本でのTOEICテストの受け方等について(IIBC)

留学に必要なTOEICのスコア

TOEICのスコアの目安ですが、まずはTOEICのスコア別にどういった英語能力の評価をされているか、IIBCから詳しく資料が発行されていますので、以下ご確認ください。

ご参考TOEICのスコア評価(IIBC)

では、留学にTOEICのスコアがどの程度必要になるのかという視点で、留学のタイプ別にご紹介してみたいと思います。全ての学校で以下のスコアで受け入れてくれるとは限りませんので、詳細は希望する学校のウェブサイトを確認したり、アドミッションに問い合わせするようにしてください。

語学留学:一般英語

英語を学ぶための語学留学です。一般英語~ビジネス英語やアカデミック英語まで幅広く英語スキルという焦点にあてて、英語学習をすることができます。

通常の一般英語コースに通うのであれば、TOEICのスコアは必要ありません。英語を学ぶコースなので、そもそも英語力は求められていません。ただ一部の学校によっては初心者レベルや初級レベルを受け入れていない学校もありますが、ほとんどの学校で英語能力のスコアなどは求められません。

語学留学:ビジネス英語

ビジネス英語を学ぶ場合は、ある程度の英語レベルが求められます。通常中級以上の英語レベルが求められますので、何かしらその英語レベルの証明を提出しなければなりません。TOEICスコアで言えば、400点~525点は必要になってきます。

語学留学:試験対策

語学留学では、TOEIC対策はもちろん、IELTSやTOEFLなどの各種英語試験対策も行っています。試験対策も通常中級以上の英語レベルが求められるのが一般的です。ただ学校によっては、より低いレベルの英語力でも受け入れてくれる学校もあったりします。TOEICスコアは、400点~525点を基準に見ておきましょう。

インターンシップ

英語環境で企業体験ができるプログラムですが、インターンシップでは多少英語レベルのハードルも上がります。英語レベルとしては中上級レベルが求められますので、TOEICスコアで考えると526点~750点を基準に考えておくようにしましょう。

カレッジ進学

アメリカの2年制大学など短大と呼ばれるカレッジへ進学する場合、もちろんカレッジの授業についていけるだけの英語レベルがある程度求められます。英語レベルが追い付いていなくても付属の英語コースと並行しながら進学できるカレッジもあったりはしますが、できれば初めからある程度の英語レベルは身に着けておいた方がよいことは間違いないです。

ただ、ことTOEICとなると、カレッジではTOEICのスコアを受け付けていないケースが多いです。カレッジレベルになってくると、IELTSまたはTOEFI iBTが英語能力を証明するための主な英語能力試験となっています。一応TOEICスコアに換算すると、大体701点~900点レベルになります。

大学進学(学部)

海外で大学進学を目指している場合、海外の大学ではTOEICのスコアは認められていません。必ずIELTSまたはTOEFLのスコアを提出するようにしましょう。イギリスやオーストラリアの大学ではTOEFLを受け付けない大学もあったりするので、IELTSが無難なケースもあります。敢えてTOEICスコアで言えば、読解とリスニング能力で800点以上は必要になるかと思います。

大学進学(大学院)

海外の大学院もTOEICスコアは受け付けてくれません。必ずIELTSかTOEFLのスコアを用意しましょう。敢えてTOEICスコアで言えば900点以上は必要です。

TOEIC勉強法

当社では英語学習サービスを提供していないので、TOEIC学習方法について語ることはできませんが、TOEIC勉強法で様々なウェブサイトも公開されていますし、YouTubeでも様々な方が勉強法を公開しているので、そちらを参考にされてもよろしいかと思います。

ただ、TOEICはある程度テクニックを身に着ければスコアがアップできるとも言われています。もしそれが本当であれば、それは一時的な英語のレベルアップに過ぎませんので、お勧めとしては、総合的な英語力を日々研鑽しながら高めていき、その中でTOEICのスコアが同時にアップしていくというスタンスで学習されることかと思います。TOEICスコアアップありきではなく、TOEICスコアはあくまで付随的な位置づけで、総合的な英語学習を前提に進めていくことが賢明かと思います。

TOEICに向けた留学先

では留学でとなると、TOEICスコアアップのため留学する留学先として挙げられるのは、フィリピン・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドです。

ですが、世界的にTOEICの受験ニーズは減少傾向な一方で日本ではTOEICニーズは高いため、日本人生徒が多く集まるフィリピンの語学学校ではTOEICスコアアップのプログラムを提供している学校も多々あります。

その他、カナダの語学学校オーストラリアの学校ニュージーランドの学校でもTOEICコースを提供している学校はありますが、減少傾向にあります。

アメリカやイギリス、アイルランドなどの語学学校では、TOEICコースを開講している語学学校を見つけるのは難しくなっています。

TOEICコースを受講するために留学される場合、語学学校によっては英語レベルを求めている学校もありますので、詳しくはお問い合わせいただければと思います。また、一般英語コースでも選択科目でTOEICレッスンが選べる場合も出てきます。もしTOEICコースを受講したいけど、英語レベルが足りない場合は、初めに一般英語コースを受講して、英語レベルが上がった段階でTOEICコースへ移るというやり方もできます。

まとめ

語学留学で英語を学習するためだけならTOEICのスコアは必要ありません。ただ、英語でもビジネスやアカデミックなどの中級レベルの英語コースを受講する際には、TOEICスコアは400点~525点程度あったほうが良いです。カレッジや大学進学などを考える場合は、TOEICではなく、IELTSやTOEFLを受験するようにしましょう。海外の大学ではTOEICスコアはまず受け入れてもらえません。

ですが、日本でも身近なTOEIC。頻繁に試験もやっていますし、受験料も高くないですし、自分の英語レベルを測るテストとしてまずは受験してTOEICスコアを出して、今の英語レベルを知っておくにも良いテストだと思います。

留学スクエアバナー

関連リンク

問い合わせバナー