語学留学の予算はどのくらいを考えておけば良い?

語学留学の予算はどのくらいを考えておけば良い?

将来語学留学をしようと思っている人の中には、これから費用を貯めようという人もいるでしょう。貯金をするなら、語学留学にどのくらい費用がかかるのかわかっていた方が良いですよね。

では実際に語学留学にどのくらい予算が必要なのか、期間別・国別に目安をご紹介します。語学留学にかかる費用は国によって異なりますが、今回は欧米英語圏への語学留学を想定して解説していきます。

フランス語やスペイン語など他の言語の留学を考えている人は、アメリカやイギリスの予算を参考にすれば、余裕を持った語学留学ができるはずです。

もしもここでご紹介する予算が「高すぎる」と感じた場合は、マルタフィリピンなどへの語学留学も検討してみてくださいね。

語学留学に必要な費用の傾向と内訳

英語圏への語学留学は、アメリカイギリスが最も費用がかかり、次いでオーストラリア、そしてカナダ、ニュージーランドという順序になっています。

短期留学の場合、オーストラリアニュージーランドカナダ間には、それほど費用の違いはありません。

語学留学には、入学金や授業料・教材費のほか、航空券、ビザ申請料、海外旅行保険、現地での滞在費用などが必要です。

滞在費用は滞在方法や生活スタイルによってかなり異なるため、予算を算出する時には、少し多めに見積もるようにしましょう。

【期間別】語学留学の予算

ではここからは、上記で挙げた英語圏5カ国に絞り、語学留学の予算を期間別にご紹介します。都市部は費用が高くなる傾向にあり、逆に地方は安くなりますが、ここではどの国も大都市の場合の費用目安をご紹介しています。

1ヶ月間の予算目安

アメリカ50〜60万円
イギリス50〜65万円
オーストラリア40〜55万円
ニュージーランド35〜50万円
カナダ30〜50万円

1ヶ月の短期留学だと、各国費用にそれほど大きな差は見受けられません。1ヶ月と言えど50万円程度というまとまった費用が必要になるのは、すべての国に共通しています。

1ヶ月の留学の場合は航空券のウェイトも高く、また現地での生活費も高くなりがちなので、コストパフォーマンスは良くありません。また、1ヶ月では多少レベルアップできたとしても、英語が流暢に話せるようなレベルにするのは難しいでしょう。

海外生活を体験してみたい人や、短期の資格コースを取る人などにおすすめの期間です。

3ヶ月間の予算目安

アメリカ90〜140万円
イギリス100〜150万円
オーストラリア70〜120万円
ニュージーランド60〜100万円
カナダ60〜120万円

3ヶ月の語学留学では、1ヶ月に比べると費用にバラつきが出てきましたね。3ヶ月位期間があると、家賃や物価の差、つまり生活費の差も費用に反映されます。

アメリカやイギリスで3ヶ月の語学留学をする場合は、少なくとも120万円、余裕を持って150万円は用意しておいた方が良さそうです。

その他の国では100万円あれば、余裕を持った語学留学が叶うでしょう。

半年間の予算目安

アメリカ180〜250万円
イギリス180〜250万円
オーストラリア150〜220万円
ニュージーランド110〜180万円
カナダ130〜200万円

半年間の語学留学では、国によって予算感がかなり異なります。半年の語学留学を考えている人は、国選びをする時に予算も重要なポイントとなるでしょう。

アメリカやイギリスでは、比較的安価な学校を選んだとしても200万円は覚悟しておいた方が良いでしょう。オーストラリアは200万円前後、カナダなら170万円、ニュージーランドでは150万円くらいあれば、半年間の語学留学が叶いそうですね。

1年間の予算目安

アメリカ300〜450万円
イギリス300〜480万円
オーストラリア250〜350万円
ニュージーランド200〜300万円
カナダ220〜350万円

1年間の語学留学だと、予算が原因で行きたい国を断念して他の国を選ぶ人もいるかもしれません。アメリカやイギリスでは、少なくとも300万円は必要で、400万円あっても余裕はないかもしれないほど費用が必要です。

年々物価が上昇しているオーストラリアですが、1年間となると少しリーズナブルに見えますね。1年間の語学留学なら300万円あれば、叶うでしょう。ニュージーランド、カナダでは250万円くらいあれば大丈夫そうですね。

全体的な物価はオーストラリアが高めで、カナダ・ニュージーランドがやや安めなので、そのあたりも考慮した予算立てと国選びが必要です。

留学スクエアロゴ

留学スクエア

は、アメリカ・イギリス・カナダなどの英語圏を中心にドイツやフランスも含めた留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社が運営している留学エージェントです。実際に学校や留学先現地を視察し学校の様子などの情報をお伝えしています。

会社概要

留学スクエアバナー


関連リンク