留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > オーストラリア  > 英語は上達する!?ワーホリ生活での英語の勉強方法

英語は上達する!?ワーホリ生活での英語の勉強方法

人それぞれ、様々な目的があってオーストラリアにやってくると思いますが、多くの人が「英語を話せるようになりたい」と思っていると思います。

そこで今回は、オーストラリアの語学学校で働く先生直伝(!?)の「英語を話す」事の上達方法についてお伝えします。

どうすれば英語が話せるの?


ネイティブの先生がいう3つのポイント

日本人はどうしても英語を話す上で文法(Grammer)を優先的に考えてしまいがちですが、じつは文法は「話す」というポイントだけで言うと重要ではありません。

大切なのは、以下の3つの要素だけ!

1、 Vocabulary( 豊富なボキャブラリー)
2、 Beautiful pronunciation( 美しい発音)
3、 Good stress & rhythm(イントネーション)

この3つのポイントさえ抑えればちゃんと会話ができるし、逆に1つでも欠けるとスムーズな会話は困難だといいます。

豊富なボキャブラリーとは?


これは言葉の通り、まずはたくさんの言葉を覚えて実際に使う事です。

・英語で日記を書く
これは実践されている方が多く、有効な練習方法の1つだと言われます。
さらにこれを、人に説明するように話すとより理解できます。

・自分の日常動作を英語で言葉に出してみる
例えば朝の動作で、【朝起きて、ベットから立ち上がり、顔を洗って…】と、英語でつぶやきながら動きます。
これらを実践するときに大切なのは、『文法に捕われない』事です。

日本語もそうですが、人に話すときの文法はかなりくだけています。

時制だけ気をつけて話す練習をしてみましょう。

美しい発音とは?


英語には、right と light、thing と sing、など日本人にとって発音が難しい言葉がたくさんあります。

特に、「伝わならかったら恥ずかしい」という気持ちから、「英語っぽく」話せない傾向にあるようです。

もし語学学校に通っていたら、スピーキングの授業の際はほぼ必ず口の形の説明をするので、恥ずかしがらずに先生のマネをする事が大切です。

もし学校等に通っていない場合は、Youtubeで English Pronunciationで調べるとたくさん動画が出てくるので、これらを言葉に出して練習することが大切です。

イントネーションとは?


英語では、stress & rhythmと表現しますが、いわゆるイントネーションの事だと思っていいです。

日本語は、基本的に一定のリズムで話しますが、英語はよく聞いてると、すごくリズミカルに話しているのが分かります。

I want to eat with you.

というと、動詞や目的の言葉(want eatなど)は強くはっきりと、逆に、前置詞(toやwith)などは、小さく速く、抑揚をつけて話すとより伝わります。

英語はフラットなリズムでゆっくり話すと、全く伝わりません。

なので、イントネーションに気をつけて話すようこころがけましょう。

英語上達の最も大切な事


これまで紹介したことは、日本にいても出来ることばかりですが、海外に滞在してる最も大きな利点は、『すぐに使える事』です。

外国人と英語で実際に話し、伝わらない言葉をまた別の言葉で説明し…そうやっていくうちに、より分かりやすい言葉、聞き取りやすい発音、伝わりやすいリズムで話せるようになっていきます。

オーストラリアには、色々な国籍の人が住んでいます。

独特の訛りがあって聞き取りづらい英語を話す人もいます。

それが日常で当たり前なので、多少変な英語を使っても、お互い『理解しよう』としていれば必ず言葉は伝わります♪

色々な国の人と話が出来る快感は、一度体感すると「もっと英語が話したい!もっとお互いを知りたい!」という気持ちになるので、ぜひ恥ずかしがらずに、たくさんの人と話して英語を上達させてくださいね♪

ページの先頭へ