留学スクエア

留学TOP >  カナダ留学 > スカイトレインとコンパスカードの買い方

スカイトレインとコンパスカードの買い方

スカイトレイン

バンクーバーでは通学、通勤、旅行の足としていくつか交通手段がありますが、そのうちスカイトレインも利用することがあると思います。

スカイトレインは、高架の軌道を走る電車で、ダウンタウンに入ると多くのところで地下を走るバンクーバーの市民の足にもなっています。


日本の地下鉄などとは料金体系が異なり、中心部をZone1として郊外に行けばZone2とZone3とゾーンが広がる形となっています。このゾーンに応じて料金が異なる仕組みになっています。


ゾーンマップ
(出所: Trans Link https://www.translink.ca/)

そのため、同じゾーン内であれば、どこへ行っても一律料金という設定になっています。

コンパスカード

コンパスカード

このスカイトレインをフル活用するにも持っておくと便利なのが、「コンパスカード」です。


日本でも当たり前になってきているSuica(スイカ)やICOCA(イコカ)などと同じICカードになります。バンクーバーに着いたら、まずこのコンパスカードを購入しておきましょう。


コンパスカードを購入するにあたり、カナダドルで$6が別途必要になりますが、後日カードが不要になったら返却することで$6が返金される仕組みになっています。


コンパスカードは、スカイトレイン駅構内にある販売機で購入することができます。(※バンクーバー市内のドラッグスストアでも購入できますが、ここでは駅の販売機での購入方法でご紹介します。)


券売機(町中)


上の画像はバンクーバーのダウンタウンにある販売機です。


券売機(空港)


そしてこちらは、バンクーバー空港にある販売機です。あまり大きくは変わりませんが、空港に着いてまず購入するとなれば、空港の販売機を利用することになるかと思います。


タッチパネル


1. 販売機のタッチパネルで日本語を選ぶ

販売機ではいくつかの言語でコンパスカードが購入できるようになっていますので、「日本語」を選択してください。


2. 新規コンパスカードを選びます

新しくコンパスカードを購入する場合に選択するボタンとなっています。


3. 購入オプション(Monthly, Daily,残額追加など)を選びます

ここは滞在期間によっても変わってくると思いますが、1ヶ月以上であればMonthly、都度払いであれば残額追加を選んでください。ただし、Monthlyの場合は、毎月1日からその月の最終日までが有効期限となります。そのため、その月の最終日まで残り10日しかないといった場合は、残り10日分をMonthly料金でカバーすることになるため注意が必要です。


4. 支払い

あとは、日本語での指示に従ってお支払処理を進めてください。コンパスカード購入分の$6も加算されて請求されるようになります。

ご注意バンクーバー空港から乗車する場合は、空港使用料$5が加算されます。ただし、ダウンタウンなどから空港へ向かう場合などには加算はありません。

英語版になりますがTrans Link編集のコンパスカードの買い方をまとめた動画も貼り付けておきます↓

コンパスカードのタップ方法

自動改札


スカイトレインの改札を通る際のコンパスカードのタップ方法ですが、日本の自動改札と同じでいたって簡単です。ただ、少々日本の自動改札よりは感度が弱い場合もあるので、しっかりタップしておきましょう。また、改札の扉も開くのが少し遅いので、タイミングも若干日本よりも遅くとった方が良さそうです。


こちらも英語版になりますがTrans Linkがスカイトレインの改札タップ方法について解説した動画も用意されてあります↓

最後に

乗り場


改札を抜ければ、あとはホームに行って電車を待つだけです。行き先には注意して、正しい電車に乗るようにしてください。


スカイトレインは頻繁に来ますので、日中であれば事前に電車の時刻を調べて乗る必要もないかと思います。



スカイトレイン車内
スカイトレインの車内


カナダ留学バナー

留学スクエア お問い合わせ 082-275-5199 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

カナダ留学情報

カナダお役立ち情報

トロント情報

バンクーバー情報

カナダ基本情報

無料お問い合わせ無料お見積り