留学スクエア > 留学のお役立ち情報 > カナダ  > カナダ留学のおすすめお土産(お菓子編)

カナダ留学のおすすめお土産(お菓子編)

カナダのお土産といえば、やはりメープル商品やスモークサーモンなどが思い浮かぶでしょうか?

カナダへ初めて旅行や留学に行かれる方は、日本へ持ち帰るお土産にあまり困ることはないかもしれません。しかし、長期で滞在していると、どうしてもアイデアが尽きてしまいます。

そこで今回は、カナダのお土産として主流なメープルシロップやサーモンなどの他に、どんなアイテムがあるのかを見てみましょう。

スーパーで買えるお土産:キャンディーバー


キャンディーバーまずはスーパーなどで見つけることができるアイテムから見てみましょう。

アメリカとカナダはよく似ている国だと思われるため、スーパーなども同じと思われるかもしれませんが、カナダでしか手に入らない商品もたくさんあります。その中でも、比較的安くて見つけやすいものといえば、やはりキャンディーバーです。

Caramilkはカナダでも大人気の商品。外がミルクチョコレート、中はとろーりとしたクリーミーなキャラメルが入っています。Caramilkは日本の板チョコのように、小さいサイズに折り、少しずつ味わうことができます。

もう一つ、人気のカナディアンキャンディーバーといえば、Coffee Crispです。こちらはバニラウエハースとコーヒー風味のチョコレートが交互に交わった、キットカットのコーヒー版といってもいいでしょう。

このような国民からも人気のキャンディーバーは、海外独特の、カラフルでサイズ感があり、同時に小分けにして渡せるので、カナダのお土産としてはもってこいです!

スーパーで買えるお土産:ポテトチップス


ケチャップ味番外編として、スーパーで手に入るカナディアンなお菓子をもう一つご紹介します。

それは、Chips(ポテトチップス)です。日本には、青のり風味のポテトチップスがあるように、カナダにもユニークなフレーバーがあります。

カナダを代表するものは、ケチャップとディルピクルス風味です。なかなかパンチがきいている味です。日本でみんなと味見してみてはどうでしょう?

チョコレート店のチョコレート


チョコレートもうちょっと上品な見た目と品質を求める場合にも、カナダのチョコレートをおすすめします。カナダには、有名チョコレートストアが二つあります。

一つは、モール内などで見かける紫色のサインが目印の、Purdy’s。

実はPurdy’sは、バンクーバーのダウンタウンで1907年に開業した老舗のチョコレートストアなんです。色んな種類の小さなトリュフなどのチョコレートがいっぱい店頭に並びます。様々なサイズの詰合せチョコレートボックスを揃えており、イースターやバレンタインなど、多様なイベントに合わせてチョコレートも仕様が変わります。

もう一つは、比較的新しいRocky Mountain Chocolate Factory。

こちらのお店でもトリュフやボンボンチョコレートはもちろん、ファッジ(甘めの濃厚なキャンディー)も多種類手に入ります。


メープルや、サーモンなどメジャーなお土産を買い尽きてしまったら、このようなアイテムを探してみてはどうでしょうか?

■ 関連リンク
カナダ留学

ページの先頭へ