留学TOP >  カナダ留学 > カナダでのチップの額と支払い方

カナダでのチップの額と支払い方

カナダでのチップ

日本にはない、チップ文化。アメリカ同様に、カナダではチップは様々なサービスに付け加えられます。カナダで一番チップすることが多い場面である、レストランでサーバー(日本で言うホールスタッフ)に渡すチップについてチップの参考としてご紹介します。

カナダのチップはいくら?

「お客様は神様」な姿勢が当たり前で、サービス精神が高い日本では、チップ文化はありません。


しかし、カナダを含め、たくさんの欧米諸国では、チップを渡すことで、サーバー、ドライバー、ヘアスタイリストなどの方達に、「ありがとう」、という感謝の気持ちを表します。


レストランでは、サーバーがテーブルを割り振られます。


つまり、一人のサーバーが決められたテーブルに付っきりになり、一番最初の飲み物のオーダーから、最後の支払いまでを行います。


またレストランにも、さまざまな予算のレストランがありますが、どれぐらいチップを渡せばいいのかを決める方法は基本的に同じです。


この場面でのチップは、食べ物・飲み物の小計に対するパーセンテージで決めます。


主に、ごく普通・最低限のサービスを受けた場合は、15%程度。


とても親切で、配慮が大変なされてるサービスには、18-20%程度が多いようです。


また、サーバーが無作法であったり、オーダー間違えがいくつもある、となると15%以下のチップを渡す方が多いようです。


先ほど、予算が違う高級レストランでも、ファミリーレストランでも、同じようにチップの額を決めると言いました。


これは、高級レストランになると、サーバーが質のいいサービスをお客様にするようにトレーニングを受けている場合が多いため、自然と18-20%のチップになる、ということです。


また、食べ物の値段も高くなり、小計も自然と高くなりますので、チップも普段より多くあげていると思われるかもしれません。

チップの支払い方法(現金)

レストランでのチップの渡し方ですが、 支払い方法によって違い、会計はほとんどがテーブルにて済まされます。


流れとしては、テーブルについていたサーバーが、食事後にBill(アメリカではCheck)と呼ばれる伝票を持ってきます。


現金で支払いたい場合は、チップを加えた分の現金をサーバーに渡す、またはテーブルに残して帰りましょう。


例えば、小計が40ドルで15%のチップを加えたいとすると、6ドルのチップと消費税(州によって違う)を足した額を渡します。


消費税が5%の州であれば、合計が48ドルになります。


こうした場合、サーバーに50ドルを渡して、2ドルのお釣りをください“Can I have a toonie back, please?”、と伝えましょう。


もし、サーバーに8ドルのチップを渡していいと思われるのであれば、このまま50ドルを渡し、お釣りは結構“I don’t need change”と伝えましょう。

チップの支払い方法(カード)

これに対し、クレジットカード、デビットカードでの支払いはとても簡単になります。


食事後にサーバーが伝票を持ってくるまでは同じです。その際に、“Can I pay by card?”と伝え、カードの支払いの為に使う機械を持ってきてもらいましょう。


この機械を使っての支払いだと、パスワードを入力する前に、ディスプレイにてチップのパーセンテージ・額を聞かれます。


ほとんどの場合、%と$の記号が出ますので、どちらかを選択して、好きな数字を入力しましょう。

ちなみにフードコートでは

最後に、フードコートやファーストフードで食べ物を買う場合ですが、小さなチップボックスがレジの横に置いてあることもありますが、このような場面では必ずチップが必要ということはありません。


カナダ留学バナー

留学スクエア お問い合わせ 082-275-51990 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

カナダ留学情報

ページの先頭へ