留学スクエア

留学TOP  >  ドイツ留学  > ドイツお役立ち情報  > ドイツでドイツ語を学ぶ魅力


ドイツでドイツ語を学ぶ魅力

ドイツでドイツ語

前回ドイツ語を学習するメリットについて掲載しましたが、今回は、少し視点を変えてドイツで学ぶドイツ語の魅力についてご紹介します。


もくじ

ドイツ語が話されている地域と人口

ドイツ語は日本で生活する上であまり馴染みがない言語のように思いますが、実は世界の中でも重要な言語の一つとされています。


現在ドイツ、オーストリア、スイスといった国がドイツ語を母国語として使用しており、その他にもルクセンブルク、ベルギー、フランスといった国の一部でもドイツ語は使用されています。


ドイツ語を母国語とする人口は1億人を超えると言われています。


1億人というと日本の人口くらいしかいないと思うかもしれませんが、ドイツ語には話者の数以上にドイツを中心としたドイツ語話者の経済力の強さにこのドイツ語の重要性が現れています。


近年でもドイツ語の重要性は飛躍的に伸び、EU圏内でも英語に次いで2番目に学習されるというところからもEU圏内でのドイツ語の重要性がうかがえます。

ドイツ現地でドイツ語を学ぶ重要性

さて、このような近年重要とされてきているドイツ語ですがドイツ語を学ぶにあたって最も良いのはやはり現地でドイツ語を学ぶことです。


いくら日本でドイツ語を学んでも実際に現地で話されている表現とは異なることが多いですし、発音や語学取得までの期間には大きく差が付くことになると思います。


ドイツに住むネイティブが話す音や発音は日本でCDで聞くドイツ語とは全く異なります。


また、実際に話されるドイツ語の音を聞くのとCDやテレビで聞くのとではドイツ語に慣れるまでのスピードが明らかに変わってきます。


ドイツに行くなんて金銭的な面や生活面での不安があり現実的な話ではない、と思われる方もおられるかもしれませんが、今ではワーホリも日本で簡単に取得でき、ドイツで働きながら学校に通うこともできますし、ドイツは移民の割合が非常に多く外国人に対する免疫があるため日本人にとっても生活しやすい環境にあるとも言えます。


相次ぐ難民の受け入れがドイツ国内でも大きな問題になっているのは現実ですが、性格的にもヨーロッパの中で一番日本人に近く、勤勉であったりと日本人との相性の良さもあります。

ドイツでは英語も学べる

またドイツ人はドイツ語と英語が少し似ているというのもあってか特に若い人は英語を喋れる人が非常に多いです。


これはドイツに限ったことではないですがヨーロッパに住む現地の人は2か国や3ヵ国語を話す方が多くいます。


ドイツは教育もしっかりしていますのでドイツ語以外に英語、その他の言語を話す人が特に多いです。


そのため、ドイツでドイツ語を学ぶのはもちろんのこと、現地ドイツにいる間に英語やその他の言語まで習得できる可能性だって十分にある、というのが多くの異なる民族が住むドイツならではのことだと思います。

ドイツ留学バナー

理由バナー

留学スクエア お問い合わせ 082-275-5199 営業時間 9:00~18:00(土日祝日お休み)

ドイツ留学情報

ドイツ生活情報リンク