1ヶ月間のニューヨーク留学にかかる費用は50万円!費用を抑えるコツは?

1ヶ月間のニューヨーク留学にかかる費用は50万円!費用を抑えるコツは?

世界中から人と文化が集まり、日本人の留学先としても人気なニューヨーク。

「ニューヨークに留学したいけどいくらかかるの?」
「ニューヨークの滞在中に留学費用を抑えるコツが知りたい」

このように、ニューヨーク留学にかかる費用について気になっている人は多いかと思います。

結論からいえば、1ヶ月間のニューヨーク留学にかかる費用は約50万円です。

しかし、語学学校と滞在先選びや現地での生活の仕方によってその費用を抑えることが可能です。

そこでここは、ニューヨーク留学にかかる費用のくわしい内訳と、留学費用を抑えるコツ、そしてオススメの語学学校まで紹介していきます。

金額は1ドル=110円で計算し、わかりやすいよう日本円で解説しています。

ニューヨーク留学の1ヶ月にかかる費用は50万円

1ヶ月のニューヨーク留学には、少なくとも約50万円の費用がかかります。

主な費用の内訳は次のとおりです。

  • 学費:22万円
  • 生活費:17〜29万円
  • 航空券:12〜16万円
  • ビザ:0〜5.5万円

など

特に、ニューヨークは他の都市と比べて物価が高く、語学学校の授業料や航空券も高いことが特徴です。

現地で節約しなければ1ヶ月で60万円を超えますし、極端に費用を抑えられても40万円ほどはかかるでしょう。

そのため、ニューヨーク留学をする場合は予算に余裕を持っておくことをオススメします。

とはいえ、語学学校の選び方や生活を工夫して、無駄な費用を抑えることは大切です。

ここからは、1ヶ月のニューヨーク留学にかかる具体的な費用とその抑え方について紹介していきます。

1ヶ月のニューヨーク留学にかかる学費

ニューヨークの語学学校では、1ヶ月分の学費として主に以下の費用がかかります。

  • 申込金/入学金:1.6万円
  • 授業料:20万円
  • 滞在先手配料:1万円

授業料は語学学校や1週間のレッスン数、コース、時期によって大きく変動します。

一般的な英会話コースでは、1週間に5万円かかることが一般的なので、1ヶ月にかかる授業料は20万円が相場です。

また、多くの語学学校では滞在先も手配してもらえるため、学費に滞在費も含まれていることがあります。

語学学校の学費を比較する際は、その内訳まで必ずチェックしましょう。

学費を抑えるコツ

学費を抑える方法には、「1週間のレッスン数を減らす」「安い語学学校を選ぶ」の2つがあります。

1週間のレッスン数を減らせば授業料を減らせるほか、授業時間が1週間18時間未満の場合は学生ビザが不要なので、ビザの申請料約2万円も抑えられます。

ただし、自由時間が増えることによって外出が多くなれば、その分生活費がかかる点に注意しましょう。

また、授業料の安い語学学校を選ぶのもコツの一つです。

ニューヨークには語学学校が数多くあり、特に大人数のクラスで授業を行なっている語学学校は費用が安くなる傾向にあります。

ただし、大人数のクラスは発言する機会が少なく、少人数クラスの方が英語を身に付けやすい点に注意が必要です。

1ヶ月のニューヨーク留学にかかる生活費

ニューヨークに1ヶ月滞在すると、生活費として主に以下の費用がかかります。

  • 居住費:10〜20万円
  • 食費:3〜5万円
  • 交通費:1万円
  • 娯楽費:3万円

居住形態は主にホームステイ、レジデンス(寮)、シェアハウスの3つがあります。

ニューヨークでの居住費は居住形態や地域によっても異なりますが、10〜20万円が相場です。

また、ニューヨークの生活費で特にお金がかかるのが食費です。

アメリカは日本よりも物価が高い上に、チップとして料金を20%上乗せする文化もあるため、留学中に外食ばかりすると食費が高くなります。

このように、1ヶ月間ニューヨークに滞在するだけでも17〜29万円の費用がかかります。

生活費を抑えるコツ

生活費を抑えるためなら、ホームステイがオススメです。

ホームステイ先によっても異なりますが、朝・夕の2食付きが一般的なので食費を抑えられます

特に、ニューヨーク州のクイーンズ区やブルックリン区は、マンハッタン区と比べてホームステイの滞在費が安い傾向にあるのでオススメです。

また、食費をいかに抑えるかが生活費を抑えるポイントとなります。

食事は基本的に自炊をし、外食を控えるようにしましょう。

その他の諸費用

ニューヨーク留学にかかる費用は、他にも以下のものがあります。

  • 航空券:10〜16万円
  • 海外旅行保険:1〜2万円
  • ビザ:0〜3万円
  • パスポート:1.6万円

航空券の価格は時期によって大きく変動します。

冬から春にかけてのローシーズンや、乗り継ぎ便は安くなる傾向にあるので、費用を抑えたい人にはオススメです。

海外で万が一の時の備えて保険には必ず加入しておきましょう。当社でご案内している「たびほ」という保険では、32歳までであれば、ニューヨーク1ヵ月で13,000円弱の保険料で加入できます。※年齢に応じて保険料が変わります。

たびほバナー

1週間の授業料が18時間を超える場合は学生ビザの発行が必要で、学生ビザの申請料や速達料として約3万円程度がかかります。

なお、学生ビザが不要な場合でも、アメリカの入国には「ESTA」と呼ばれる、認証システムの申請料として約2,000円が必要です。

このように、渡航前にも11〜22万円ほどの諸費用がかかります

ニューヨークで人気の語学学校とその費用

当社で問合せが多く人気のある語学学校は以下の3校です。

  • セントジャイルズ・ニューヨークシティ校
  • レナート ニューヨーク校
  • ELSリバーデール校

それぞれの語学学校の特徴について、以下でくわしく紹介していきます。

セントジャイルズ・ニューヨークシティ校:約21万円

セントジャイルズ・ニューヨーク校は、1955年創立の歴史ある語学学校です。

エンパイアステートビル近くに位置しており、タイムズスクエアやグリニッジビレッジなどの有名スポットなど、授業以外の時間はマンハッタンを多能できます。

授業は一般英語コースのほか、初心者英語コースやTOEIC対策コースなどがあり、自分に合ったコースを選べます。

1ヶ月の学費

1,916ドル

日本円でおよそ21万円です。

滞在費

滞在費は滞在先によって異なります。

  • ホームステイ(マンハッタン)
    【朝食のみ】約24万円
  • ホームステイ(マンハッタン外)
    【朝食、夕食付】約20万円
    【朝食のみ】約14万円
  • レジデンス(個室)
    1月~3月:約27万円
    4月~12月:約28万円
  • ホテル
    約11万円~

レナート・インターナショナル・ニューヨーク校:約21万円

レナート・インターナショナル・ニューヨーク校は、マンハッタンの中心地に位置する語学学校です。

1クラスの人数が平均7人と少ないことが特徴で、発言する機会が多いために質の高い英語学習を行えます。

一般的英語コースのほか、ビジネス英語コースや進学準備コースなどさまざまなコースがあります。

日本人の割合は約30%とやや高めです。

1ヶ月の学費

1,960ドル

日本円でおよそ21.5万円です。

滞在費

滞在先とその費用は以下のとおりです。

  • ホームステイ
    約11〜28万円
  • レジデンス
    約18〜35万円

ELSリバーデール校:約16万円

ELSニューヨーク・リバーデール校は、ニューヨークの郊外に位置する語学学校です。

郊外とはいえ、地下鉄やバスといった公共交通機関が充実しているため、マンハッタンなど都心部へのアクセスも簡単です。

ELSはマウント・セントビンセント大学のキャンパス施設を利用していることが大きな特徴で、大学の設備を利用できます。

さらに、一定以上のレベルに達すれば大学の講義を聴講できるほか、優秀な成績でELSのカリキュラムを修了すれば、アメリカの大学への入学も目指せます。

1ヶ月の学費

1,495ドル(20レッスン)

日本円でおよそ16万円です。

滞在費

滞在先とその費用は以下のとおりです。

  • レジデンス
    約22万円
  • ホームステイ
    約13万円

まとめ

1ヶ月間のニューヨーク留学にかかる費用は、合計で約50万円です。

どの語学学校を選ぶか、またカレッジ数や滞在先、現地での生活によっても費用は異なりますが、ニューヨークは物価が高いため予算に余裕を持っておくことをオススメします。

留学は授業を受けるだけでなく、アクティビティを楽しむなど、現地での文化・人に触れることが非常に大切です。

充実した留学にするために、できる限り費用を安く抑え、予算に十分な余裕を持っておきましょう。

堀江保夫(編集長)

英語圏を中心とした留学を無料でサポートしているトランスリエゾン株式会社)のマーケティングを統括。大学進学希望者へのカウンセリングも行っています。留学経験者の体験をヒアリングしながら記事の作成をまとめています。

プロフィール

アメリカ留学バナー

ニューヨーク留学情報